一度放棄した請求権は取り戻せない

一度放棄した請求権は取り戻せない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の時に「離婚に関する債権債務が一切ないことを相互に確認する」「今後名目の如何を問わず、一切の請求をしない」という約束をしていると、詐欺や脅迫によってそうした約束をさせられた、あるいは重大な思い違いをしていたなど特別の事情がないかぎり慰謝料の請求はできなくなります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 親権者を変更したいとき
    一度、親権者を決めたからといって、永久に変更できないわけではありません。事情が変われば親権者を変…
  2. 転勤をきっかけに怪しい行動をとるようになった夫。仲睦まじかった夫婦に訪れた危機。
    依頼内容調査する夫は38歳。妻は大学時代に夫と知り合いその後結婚。夫婦で県外就職し、不慣れな土地…
  3. 第三者でも監護者になれる
    経済的な事情や健康上の事情で、両親が子どもの世話ができない場合があります。そのようなとき、親権者…
  4. 浮気を一度許したら、離婚請求ができなくなるのか?
    不貞をいったん許したら離婚請求ができなくなる事はありません。いったん許したもののやはり夫婦の溝は…
  5. 「真面目でもてるはずのないタイプの主人」がまさかの浮気
    依頼内容性格不一致を理由に突然離婚を切り出してきた夫。当然のごとく拒否する妻に対して「離婚調停」…
  6. 子どもから愛人に対する慰謝料請求
    夫婦の愛情の亀裂は愛人の存在が原因であっても、親子の亀裂には直接の因果関係はないという最高裁の判決(…
PAGE TOP