一方が力ずくで子どもを引き取ってしまった場合

一方が力ずくで子どもを引き取ってしまった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦の離婚問題がこじれて長期間の別居状態が続いたり、親権者にも監護者にもなれなかった親が力ずくで子どもを引き取ってしまうことがあります。

審判前の保全処分

親権者、監護者の協議ができない場合には、家庭裁判所に調停、審判を申し立てますが確定するまでに時間がかかりますので、その間子どもをどちらの親が引き取るかを決める審判前の保全処分という制度があります。審判申立と同時か、審判を申し立てた後で保全処分を申し立てることになります。申立が認められる基準は子どもの権利、福祉です。この申立が認められると最終的な審判でも親権者、監護者として認められる可能性が高くなります。この申立を認める審判には、法的な執行力があります。

子どもの引き渡し請求

親権者にも監護者にもなれなかった親が子どもを連れ去った場合、他方の親はそれを取り戻すために、家庭裁判所に子どもの引き渡し請求の調停または審判を求めることができます。調停で話し合いがつかなければ、そのまま審判手続きに移行します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 怪文書から始まった調査。
    依頼内容依頼者・妻55歳 調査対象者・夫56歳ある日突然、弁護士から妻宛に一通の文書が送られ…
  2. 養育費はいくらもらえるか
    子どもの養育義務は、親と同程度の生活を子どもに保証する「生活保持義務」であり、親はその資力に応じて未…
  3. 親権者を変更したいとき
    一度、親権者を決めたからといって、永久に変更できないわけではありません。事情が変われば親権者を変…
  4. 982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
    依頼内容依頼者・夫55歳 調査対象者・妻53歳妻の行動が何かおかしい、と夫が浮気を疑いはじめ…
  5. 養育費の支払いが滞った場合
    相手方に対し内容証明郵便で支払を促します。調停・審判離婚をした場合には、履行勧告・履行命令を…
  6. どんな相手か知っておきたい!!
    依頼内容「妻が最近様子がおかしいが、それは浮気をしているからだろう?」というお問い合わせは、結構…
PAGE TOP