不貞が原因の時は証拠が必要(不貞を証明するにはどうしたらよいか)

不貞が原因の時は証拠が必要(不貞を証明するにはどうしたらよいか)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気が原因で裁判離婚したい時は、証拠をとっておくことが必要です。不貞の事実があることを証明しなければならないからです。証拠が不十分でも、離婚は認められることはありますが、慰謝料や財産分与も有利に進めたいというときには、はっきりした証拠があったほうが有利です。判例が認める不貞行為の意味は狭く、性交渉を持つことに限定しています。
裁判の時だけでなく調停や協議離婚でも不貞の証拠をとっておくと、慰謝料請求の際に有利になります。
不貞が認められるか否かは、証拠次第です。裁判で不貞があると認められるためには、ある程度はっきりとした証拠が必要です。浮気をしている場合には、愛人からの贈り物や、写真などを持っていることが多いのではないでしょうか。そのような証拠になるようなものを見つけたら、とりあえずコピーをしておきましょう。

  • 二人でホテルの一室に宿泊した証拠があるとき
  • 手紙などから性関係があることが読み取れる場合
  • 写真から二人で旅行したことがわかる場合

などの場合に不貞が認められています。

夫と女性との肉体関係を示す証拠はないが、2人の交際状況からみて妻が夫に不信感を抱くのは無理もないということで、離婚を認めたケースがあります。
不貞の証明ができなくても、夫婦としての信頼が維持できないような貞節ではない行為があれば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして、離婚が認められることがあります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 養育費を算定する方法
    家庭裁判所の審判や地方裁判所の判決で採用されている養育費の算定基準がいくつかありますが、いずれも決定…
  2. 婚姻生活が破綻した後に性的関係が生じた場合
    夫婦関係がすでに破綻したことと、その後の性的な関係との間には因果関係はなく、不貞にあるようにはみえて…
  3. 養育費が決まらない場合はどうすればよいか?
    生活苦やローン返済のための不貞行為は生活の為の唯一の手段とは言えません。いくら生きていくためとはいえ…
  4. 二年前に涙ながらに謝罪しながらも、また浮気する夫。
    依頼内容二年前に同じ勤務先の女性と浮気が発覚していた夫。夫が残して動画に女性との行為が鮮明に写さ…
  5. 突然離婚を切り出した妻、14歳も年下の男性と不倫
    依頼内容半年前から介護の仕事を始めた妻から、性格の不一致を理由に突然離婚を切り出されたのです。夫…
  6. 6年前に浮気が発覚した相手と、再度浮気をする妻
    依頼内容6年前に妻の浮気が判明。夫はその男性も交えて話し合いをし、関係をやめることを約束させまし…
PAGE TOP