不貞の相手に対する慰謝料請求

不貞の相手に対する慰謝料請求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫をした相手は、貞操権を侵害されて精神的苦痛を味わい、それが原因で婚姻関係が破綻し、耐えがたい苦痛を味わった相手の配偶者に対して、その責任を負わなければなりません。
配偶者が浮気をした場合、損害をこうむった配偶者は、不貞の相手に対して婚姻関係を破壊されたことに対しての精神的苦痛の慰謝料として損害賠償を請求することができます。
慰謝料の金額は浮気に関する個々の事情や損害の具体的程度などが考慮されて決められます。したがって、一般的な基準額というものはありません。和解の場合も、判決に至った場合も、100万円から200万円を支払うことで解決しているようです。
判例は、配偶者の不貞行為の相手方に対する慰謝料請求に関して、

「夫婦の一方の配偶者と肉体関係をもった弟三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係をもつに至らせたかどうか、両者の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、他方の配偶者が被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務がある。」

といっています。
最高裁判所は、不貞の相手方は、夫または妻の権利を侵害するもので、不貞行為が、誘惑によるものか、自然の愛情によって生じたものかにかかわらず違法性があるとして慰謝料請求を認めます。しかし、責められるべきは貞操義務に違反した配偶者で、不貞行為の様態によっては第三者には責任を問えないという見解もみられます。

※妻が愛人を人前で罵倒したり、恐怖を与えるような行為をしたりすると、慰謝料は請求できなくなるばかりか、逆に訴えられるということにもなります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 引退後、体力のためと精力剤を飲み始めた夫。実は・・
    依頼内容調査する夫は65歳で子供は一人。もともと夫は自らの立ち上げた会社の社長でしたが、数年前か…
  2. 昔気質の職人であったまじめな夫が…
    依頼内容調査する夫は58歳。昔気質の職人であった夫の最近の妙な行動に浮気を疑った妻が相談に訪れま…
  3. 子どもが複数いる場合
    一般的に、未成年の子どもが複数いる場合、特に子ども全員の年齢が低い場合、一方の親が全員の親権者になる…
  4. 扶養的慰謝料

    2016/3/15

    扶養的慰謝料
    夫婦のどちらかに生活能力がない場合には、離婚することによってすぐに生活苦に陥ってしまうことも考えられ…
  5. 怪文書から始まった調査。
    依頼内容依頼者・妻55歳 調査対象者・夫56歳ある日突然、弁護士から妻宛に一通の文書が送られ…
  6. db4d7fa8dba10034f90566a3dba6e584_s
    依頼内容看護師をしている38歳の妻。最近、不思議と夜勤が多くなり、また、自宅にいる時でも子供置い…
PAGE TOP