不貞行為があっても婚姻の継続を相当とする場合があるか

不貞行為があっても婚姻の継続を相当とする場合があるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不貞によって婚姻関係が破綻したといえず、復元の可能性がある場合。
  • 離婚請求する側に、より大きな婚姻破綻の責任がある場合。
  • 離婚を認める事が夫婦双方の利益のために、または未成年の子の利益のために好ましくないとみられる場合。

この様な事例は少ない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s
    依頼内容自営業を営む35歳の夫の会社には数名の事務員がいます。ある日5歳の年上の妻である依頼者が…
  2. プライドが高く完璧主義な夫に翻弄された妻。夫の浮気を疑いはじめるが・・
    依頼内容会社の経営者である夫は非常にプライドが高く完璧主義者で妻の行動や性格、あらゆる事に文句を…
  3. 法的知識にも長け警戒心の強い夫の浮気事実を確認。
    依頼内容ある日、バツイチの夫から離婚の調停を出され、妻は夫の女性関係を疑いました。相談員は、…
  4. 9bb49f2c539e066bd411c5bdce2a9756_s
    依頼内容ある日突然夫が家を出ると言い始めたのです。夫は妻と同じ58歳。妻の性格を否定し、さらには…
  5. 慰謝料と財産分与の関係
    原則として財産分与は家庭裁判所、慰謝料は地方裁判所の管轄になっていますが、家庭裁判所では「一切の事情…
  6. 親権とはどういうものか
    依頼内容依頼者・夫55歳 調査対象者・妻50歳あいまいな理由をつけては家を出ていくことが多く…
PAGE TOP