同性愛の場合

同性愛の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不貞行為にはなりませんが、「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 夫が浮気したので私も浮気した
    これはどちらの側からみても不貞行為があります。不貞を原因とする離婚の場合には、不貞をした側は有責…
  2. 真実を前に自分のこれからを冷静に見つめる。
    依頼内容妻のすべてを否定し始めた夫。言われたことに対して一生懸命努力する妻のすべてを頭ごなしに否…
  3. 不貞行為があっても婚姻の継続を相当とする場合があるか
    不貞によって婚姻関係が破綻したといえず、復元の可能性がある場合。離婚請求する側に、より大きな…
  4. 養育費の支払いが滞った場合
    相手方に対し内容証明郵便で支払を促します。調停・審判離婚をした場合には、履行勧告・履行命令を…
  5. 親権者を決定する基準
    親権者の決定は、子どもの利益や福祉を基準にし判断するべきものです。どちらの親を親権者と定めたら子…
  6. 養育費の請求をしないと約束した場合
    妻が離婚したい一心で、「離婚さえしてくれれば、今後一切、養育費の請求はしません」と夫に約束してしまう…
PAGE TOP