夫の不貞が理由で離婚する場合の不貞の相手方に対する責任追及

夫の不貞が理由で離婚する場合の不貞の相手方に対する責任追及

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不貞の相手方の行為は妻に対する不法行為となり、夫との間で共同不法行為になりますから、夫が一定の金額を支払った場合には、その分だけ慰謝料の支払義務が消滅するとした判例があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 突然離婚を切り出した妻、14歳も年下の男性と不倫
    依頼内容半年前から介護の仕事を始めた妻から、性格の不一致を理由に突然離婚を切り出されたのです。夫…
  2. f127648b282b353ea42317ddb0b347a1_s
    依頼内容夫は61歳、58歳になる妻は二人ゆったりとした老後の生活が送れるものと信じていました。し…
  3. 夫の浮気を止めたい妻。そのための法的証拠を掴む。
    依頼内容過去にも浮気が明らかになっている夫。その際に夫は浮気相手とは別れると約束したものの、関係…
  4. f227984e45ac90d761b62f74d9134514_s
    依頼内容35歳の夫は交通事故に合い、結果4000万円の保険金が入りました。この夫に変化が表れたの…
  5. 子どもが複数いる場合
    一般的に、未成年の子どもが複数いる場合、特に子ども全員の年齢が低い場合、一方の親が全員の親権者になる…
  6. 過去の養育費は支払ってもらえるか
    養育費の請求には、時効というものがありませんから、過去にさかのぼって、一方の親だけが負担していた養育…
PAGE TOP