夫の側に不貞があるが妻にも破綻の原因がある場合

夫の側に不貞があるが妻にも破綻の原因がある場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

双方に「同じ程度に」責任のある場合には、離婚が認められます。不貞がある場合、他方の配偶者は、不貞のある側に責任があると主張しがちです。しかし、不貞もやむを得ないと誰もが考えるような行動が、不貞以前に、他方の配偶者にあるようなケースは少なくありません。夫に不貞行為がある場合でも、妻にも破綻についての責任があり、どちらが悪いともいえないような場合には、離婚が認められます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 9645eb1ed9989404ac7233cc21f0bba2_s
    依頼内容特に思い当たるふしもないのに、突然妻からDVで訴えられた依頼者。離婚も切り出され、このま…
  2. 親権者を誰にするか
    未成年の子がいる場合には、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。離婚届に…
  3. 浮気癖のある夫が遊びでなく本気に。
    依頼内容浮気癖のある夫。仕事を変える度に浮気を繰り返していました。少なくとも3度は明るみに。そし…
  4. 慰謝料に税金はかかるのか
    慰謝料は、損害賠償金またはそれに類するもので心身に加えられた損害などに起因して取得されるものとして所…
  5. 夫のDVと嘯き妻が別居、そして浮気の事実。
    依頼内容家庭内暴力が原因で妻は二人の子供を連れて別居。 DVという事実がある以上、本来なら当社と…
  6. スポーツジムのインストラクターと妻の浮気
    依頼内容5年前からスポーツジムに通い始める妻。最近特に楽しそうで、熱心に通うようになりました。…
PAGE TOP