夫婦関係が破綻に瀕している場合にも貞操義務があるのか

夫婦関係が破綻に瀕している場合にも貞操義務があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

破綻状態にある夫婦の一方が配偶者以外の者と性的関係をもった場合に、必ずしも不貞行為にはならないとした判例があります。

「浮気相手が夫と肉体関係を持つことが妻に対する不法行為となるのは、それが妻の婚姻共同生活の平和の維持という権利または法的保護に対する利益を侵害する行為ということができるからだ。したがって夫婦の婚姻関係がすでに破綻していた場合には、原則として、妻にこのような権利または法的保護に値する利益があるとはいえないので不法行為にならない」(最判平成8年3月26日)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 1回限りの浮気は不貞
    1回限りの浮気で離婚を認めた判例はありません。1度だけの不貞なら許されるということではありません。裁…
  2. 浮気癖のある夫が遊びでなく本気に。
    依頼内容浮気癖のある夫。仕事を変える度に浮気を繰り返していました。少なくとも3度は明るみに。そし…
  3. 調査以来の決心に一ヶ月。そして二人の女性と浮気する夫
    依頼内容夫の携帯に知らない女性からのメールが届きました。その時間帯が夜の11時半ということもあり…
  4. 引退後、体力のためと精力剤を飲み始めた夫。実は・・
    依頼内容調査する夫は65歳で子供は一人。もともと夫は自らの立ち上げた会社の社長でしたが、数年前か…
  5. 543e2dc6772344b99435bfb12c2a1886_s
    依頼内容依頼者・子供たち 調査対象者・夫48歳(妻/45歳)3人の子供たちが来社して、母親に…
  6. 子どもを妻が引き取り再婚した場合にも、養育費を支払い続けなければならないか
    元の妻が再婚したということだけでは、養育費の支払いを中止する理由にはなりません。子どもの生活保持義務…
PAGE TOP