子どもから愛人に対する慰謝料請求

子どもから愛人に対する慰謝料請求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦の愛情の亀裂は愛人の存在が原因であっても、親子の亀裂には直接の因果関係はないという最高裁の判決(昭和54.3.30)が出てからは、高裁などでは子どもからの愛人に対する慰謝料請求を認めない立場を取り始めました。
しかし、特別の事情がある場合、たとえば「とくに女性が害意をもって父親の子に対する監護等を積極的に阻止するなど」があれば慰謝料請求は可能だという主旨を述べています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 夫が不貞をしたにもかかわらず離婚しない場合に、夫に対する追求がなされないままに、不貞の相手方に対する責任追及ができるか
    慰謝料を確実に受け取るためには、一括払いにすることです。分割払いにするときは、初回の支払額をでき…
  2. 養育費の変更はできるのか
    養育事情に変化があれば養育費の免除ないしその減額、増額を求めることができ、その変更を家庭裁判所に求め…
  3. 浮気癖のある夫が遊びでなく本気に。
    依頼内容浮気癖のある夫。仕事を変える度に浮気を繰り返していました。少なくとも3度は明るみに。そし…
  4. 夫婦関係が破綻に瀕している場合にも貞操義務があるのか
    破綻状態にある夫婦の一方が配偶者以外の者と性的関係をもった場合に、必ずしも不貞行為にはならないとした…
  5. 夫が不貞!でも離婚しない場合、夫に対する追求がなくても不貞の相手に責任追及ができるか?
    妻が夫を許したかどうかは、不貞の相手である女性に対する請求権に影響しませんが、その責任の大小、具体的…
  6. 晩年の不貞行為の泥沼。
    依頼内容調査する夫は62歳。夫は社会的にも地位がある職業であり堅い性格でもありました。そんな夫が…
PAGE TOP