子どもと生活しない側が養育費を支払う

子どもと生活しない側が養育費を支払う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

養育費は、親子の身分関係から発生するものですから、どちらに親権があるとかは無関係に、父母の資力に応じて分担しなければなりません。養育費の支払いは子どもに対する親としての義務です。
子どもを扶養することは親子関係にもとずく親の義務であり、離婚後子どもと一緒に生活しないことになったほうの親も扶養義務があります。したがって、子どもと一緒に生活しない親も養育費を支払うことになるのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 親権者を誰にするか
    未成年の子がいる場合には、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。離婚届に…
  2. 慰謝料は何を基準に決められるのか
    離婚当事者の個々の事情によって決まりますが、算定の際に考慮される要因としては!!財産分与の額…
  3. 請求の方法
    夫婦や親族間の問題ではありませんので、提訴する裁判所は家庭裁判所ではなく地方裁判所(請求額が90万円…
  4. 夫の疑わしい行動で憔悴しきった妻。代わりに母親と面談し事実確認へ。
    依頼内容飲み会と称しての毎日のように朝帰りを繰り替えす夫。妻は女性関係を問いただしますが「してい…
  5. 夫の父親が息子の嫁の浮気を疑い調査依頼。
    依頼内容妻が「週に一度でいいから、一人でドライブし、自分だけの時間をつくりたい」と夫に言っていた…
  6. 不貞の相手に対する慰謝料請求
    不倫をした相手は、貞操権を侵害されて精神的苦痛を味わい、それが原因で婚姻関係が破綻し、耐えがたい苦痛…
PAGE TOP