子どもを妻が引き取り再婚した場合にも、養育費を支払い続けなければならないか

子どもを妻が引き取り再婚した場合にも、養育費を支払い続けなければならないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元の妻が再婚したということだけでは、養育費の支払いを中止する理由にはなりません。子どもの生活保持義務を負うのは再婚相手ではありません。しかし、子どもと再婚相手が養子縁組をするような場合には、養親にも法的に子どもの生活費を負担する義務が生じますので、養育費の減額が認められる場合があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 9bb49f2c539e066bd411c5bdce2a9756_s
    依頼内容ある日突然夫が家を出ると言い始めたのです。夫は妻と同じ58歳。妻の性格を否定し、さらには…
  2. 夫の不貞が理由で離婚する場合の不貞の相手方に対する責任追及
    離婚原因では性格の不一致がいちばん多いように考えられていますが、離婚が裁判にまでなるケースではやはり…
  3. 妻が浮気してると思い込み自分も浮気した嫉妬深い夫。
    依頼内容調査する夫はバツイチの51歳で3人の子供を持つ経営者でした。もともと仕事熱心でまじめな性…
  4. 過去の養育費は支払ってもらえるか
    養育費の請求には、時効というものがありませんから、過去にさかのぼって、一方の親だけが負担していた養育…
  5. 養育費はいつからいつまでもらえるか
    養育費の調停、審判の申し立てをしたときからの養育費が認められる事例が多いようです。養育費の支払い…
  6. 暴行虐待に対する慰謝料
    離婚の場合の慰謝料は、暴行行為やその他の夫婦生活全体をとらえて金額を算出しますので、暴行虐待などの離…
PAGE TOP