愛人ができた夫に別れたいと言われたが別れなければいけないのか

愛人ができた夫に別れたいと言われたが別れなければいけないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有責配偶者からの離婚請求は、原則として認められていません。
自分が不貞を犯し、それによって婚姻関係を破綻させた配偶者(有責配偶者)でも、他方の配偶者に離婚の協議を申し込み、あるいは家庭裁判所に離婚調停を申し立て、合意ができれば離婚することができます。
しかし、他方の配偶者が、離婚に応じない場合には、協議離婚ないし調停離婚はできないのであくまで離婚を求めるには地方裁判所へ離婚訴訟を起こすことになります。
裁判上、離婚が認められる理由は法定化されていますが、結婚生活を維持しがたいほど夫婦関係が破綻しているような場合には、離婚を認めています。
最近まで最高裁は、一貫して有責配偶者の離婚請求をみとめない態度をとってきました。
しかし、近年、夫婦関係における破綻の事実を直視する立場から、一定の条件のもとで有責配偶者からの離婚請求をみとめようとする論議が活発になりました。
地裁、高裁の裁判例の中には、別居が20年、30年にも及び、事実上は離婚状態で、戸籍上でのみ夫婦として残っている場合に、有責配偶者からの離婚請求を認めるものが出てきました。
そして、最高裁も夫婦の婚姻関係が、共同生活の実体を失い回復の見込みがなくなった場合に、

「別居が相当の期間になり」「未成熟の子供がなく」「離婚になっても相手方が精神的経済的に苛酷な状態に置かれない」など、離婚を容認することが著しく社会正義に反するような特別な事情がなければ、有責配偶者からの離婚請求を認めてもよいと判断しました(昭和62年9月2日判決)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 慰謝料の時効について
    不貞行為に基づく慰謝料請求権は最後の不貞行為及び浮気相手を知った時から3年で時効を迎え除斥期間は20…
  2. 「定年後は大阪に一人で住みたい」と言い出した夫。
    依頼内容定年後は大阪に一人で住みたいと言い出す夫。それを理由に週末になると大阪の住む場所を下見に…
  3. 浮気を一度許したら、離婚請求ができなくなるのか?
    不貞をいったん許したら離婚請求ができなくなる事はありません。いったん許したもののやはり夫婦の溝は…
  4. 親権と監護権を別々に決める場合
    親権という言葉のせいか、これを失うと子どもに対する親としての権利が何もかもなくなるかのような気持ちに…
  5. 養育費が決まらない場合はどうすればよいか?
    協議できないときには、家庭裁判所に養育費請求の調停を申し立てます。調停で合意できず不成立となった場合…
  6. 真面目な夫だけに浮気女性と結婚の約束まで。
    依頼内容大学で出会い結婚まで至ったお二人。学生時代から現在に至まで、真面目一筋だった夫がある日を…
PAGE TOP