愛人に慰謝料を請求できる場合とは?

愛人に慰謝料を請求できる場合とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛人の責任については意見もまちまちです。判例も固定されていないようです。
確実に慰謝料を請求できるのは、愛人が、その関係を利用して夫婦の一方を傷つけようとした場合や、暴力や脅迫などの違法な手段で半強制的に妻や夫に不貞行為をさせた場合です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 養育費の支払いが滞った場合
    相手方に対し内容証明郵便で支払を促します。調停・審判離婚をした場合には、履行勧告・履行命令を…
  2. 浮気は確か。でも、証拠がなければ解決できない。
    依頼内容妻は夫が浮気をしていることを感じ取っていました。相手が誰であるかも想像がついていました。…
  3. 「家に帰ると息苦しい!」と不平を言う夫。怪しみながら浮気とは決めつけたくない妻
    依頼内容「家に帰ると息苦しい!」と不平を言う夫。原因不明の体調不良を訴え病院通いも始めるようにな…
  4. 834369505b03ddf20924a5be3169c29b_s
    依頼内容52歳の夫は脱サラして、田舎にある実家の農業を継いだばかり。「サラリーマン時代から女癖が…
  5. 親権者でない方の親が監護者を決めずに子どもを育てる場合
    親権者でない方の親が監護者を決めずに事実上子どもを育てる場合があります。何も決めずに事実上育てる場合…
  6. 慰謝料の時効について
    不貞行為に基づく慰謝料請求権は最後の不貞行為及び浮気相手を知った時から3年で時効を迎え除斥期間は20…
PAGE TOP