損害賠償請求の時効の消滅

損害賠償請求の時効の消滅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不貞行為も1つの不法行為であり、不法行為による損害賠償請求権は、損害及び加害者を知ったときから3年間請求しないで放置しておきますと時効によって消滅してしまいます。これを中断する為には、調停とか、訴訟とかの手段を講じておく必要があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 夫の不貞が理由で離婚する場合の不貞の相手方に対する責任追及
    不貞の相手方の行為は妻に対する不法行為となり、夫との間で共同不法行為になりますから、夫が一定の金額を…
  2. 突然離婚を切り出した妻、14歳も年下の男性と不倫
    依頼内容半年前から介護の仕事を始めた妻から、性格の不一致を理由に突然離婚を切り出されたのです。夫…
  3. 一度放棄した請求権は取り戻せない
    離婚の時に「離婚に関する債権債務が一切ないことを相互に確認する」「今後名目の如何を問わず、一切の請求…
  4. 夫の浮気を止めたい妻。そのための法的証拠を掴む。
    依頼内容過去にも浮気が明らかになっている夫。その際に夫は浮気相手とは別れると約束したものの、関係…
  5. 慰謝料の時効について
    不貞行為に基づく慰謝料請求権は最後の不貞行為及び浮気相手を知った時から3年で時効を迎え除斥期間は20…
  6. 親権者でない方の親が監護者を決めずに子どもを育てる場合
    親権者でない方の親が監護者を決めずに事実上子どもを育てる場合があります。何も決めずに事実上育てる場合…
PAGE TOP