養育費が決まらない場合はどうすればよいか?

生活苦やローン返済のための不貞行為

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活苦やローン返済のための不貞行為は生活の為の唯一の手段とは言えません。いくら生きていくためとはいえ、不貞には違いありません。
ただ、不貞を理由とする夫からの離婚請求を地方裁判所は認めませんでしたが、最高裁は生活が苦しいからといって不貞をしていいとは言えないとして夫からの離婚を認めています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 23208e9ae634508bd40c516ebbb6a929_s
    依頼内容40歳、同年齢のご夫婦。依頼者は夫でした。妻のつじつまの合わない外出、はたまた一日中外出…
  2. 妻の浮気を疑った結果、まさかの驚愕の事実!
    依頼内容調査する妻は40歳で子供は3人。依頼者である夫はバツが悪そうに過去の妻の浮気の事実を話し…
  3. 請求の方法
    夫婦や親族間の問題ではありませんので、提訴する裁判所は家庭裁判所ではなく地方裁判所(請求額が90万円…
  4. 学生時代の延長戦での結婚生活がもたらす夫婦間のズレ。
    依頼内容依頼者・夫50歳 調査対象者・妻48歳既に夫はカルチャーの講師を務める妻の浮気を確信…
  5. 真実を前に自分のこれからを冷静に見つめる。
    依頼内容妻のすべてを否定し始めた夫。言われたことに対して一生懸命努力する妻のすべてを頭ごなしに否…
  6. 親権者を誰にするか
    未成年の子がいる場合には、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。離婚届に…
PAGE TOP