裁判をしないで和解する場合

裁判をしないで和解する場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裁判をしないで和解する場合には、慰謝料が高額になる傾向にあります。
それは、不倫関係の事実は間違いはないこと、裁判で争うことになるとすべての事実関係が法定であらわになること、裁判をすると一定の時間がかかりその間の精神的負担が大きく、早く解決してしまいたいという事情があるようです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 養育費の支払いが滞った場合
    相手方に対し内容証明郵便で支払を促します。調停・審判離婚をした場合には、履行勧告・履行命令を…
  2. 母親の妊娠中に離婚した場合の親権者は?
    子どもが生まれる前に離婚した場合は、親権者になるのは母です。つまり、共同して親権を行使していた者…
  3. 真実を受け止める秘訣を!!
    依頼内容「調査してもらって、彼の実態が判ったら、きっぱりと別れられると思うんです。」相談室の椅子…
  4. 養育費が決まらない場合はどうすればよいか?
    協議できないときには、家庭裁判所に養育費請求の調停を申し立てます。調停で合意できず不成立となった場合…
  5. 慰謝料の請求期間は
    慰謝料の請求権は不法行為にもとづく損害賠償請求権ですからこの請求権は3年の短期消滅時効にかかります。…
  6. 養育費の支払い方法
    月払いの場合、現実にどんな方法で払ってもらうのがいいのかという問題があります。銀行や郵便局に子ども名…
PAGE TOP