親権者でない方の親が監護者を決めずに子どもを育てる場合

親権者でない方の親が監護者を決めずに子どもを育てる場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親権者でない方の親が監護者を決めずに事実上子どもを育てる場合があります。何も決めずに事実上育てる場合は、立場が不安定になります。親権者が親権にもとづいて子どもを引き渡せと要求してきたり、子どもを養子に出したりすることを防げませんので、必ず監護者を決めるようにします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 養育費の変更はできるのか
    養育事情に変化があれば養育費の免除ないしその減額、増額を求めることができ、その変更を家庭裁判所に求め…
  2. 1回限りの浮気は不貞
    1回限りの浮気で離婚を認めた判例はありません。1度だけの不貞なら許されるということではありません。裁…
  3. 損害賠償請求の時効の消滅
    不貞行為も1つの不法行為であり、不法行為による損害賠償請求権は、損害及び加害者を知ったときから3年間…
  4. 4e8169b30b4914411067244aa51b9f6c_s
    依頼内容依頼者である42歳の夫は妻の変化に疑惑を抱きました。よそよそしい受け応え、夫との会話も以…
  5. 養育費の支払いは一時払いか月払いか
    相手がいいかげんな性格で資力にも問題があるような場合には、額が低くても一時金で受け取るほうが結果的に…
  6. 27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s
    依頼内容妻(49歳)が同級会に出席してからというもの頻繁に飲み会と称して家を空け、帰宅は深夜とい…
PAGE TOP