親権者を変更したいとき

親権者を変更したいとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度、親権者を決めたからといって、永久に変更できないわけではありません。
事情が変われば親権者を変更できます。
この手続は、両親の間で協議ができてもそれだけで変更することはできず必ず家庭裁判所で親権者変更の調停または親権者変更の審判により決定されなければなりません。
それには戸籍の変更が必要であり、さらに、子どもをたらい回しにするような親の身勝手による変更を避けるためです。

この申し立ては、夫婦のどちらからでもできますし、子どもの親族であれば、祖父や祖母からでもできます。子ども本人には申し立ての権利はありません。
親権者は戸籍上の記載事項ですから、親権者の変更によって戸籍上の親権者の変更が必要になります。
申立てがなされると、まず家庭裁判所の調査官が、現在の親権者の状況が子どもの養育、監護にとって適切であるかどうか調査します。
子どもがある程度の年齢に達している場合には、調査官が子どもに直接話を聞く場合もあります。
この調査によって、現状が子どもの養育、監護にふさわしくないと判断されて初めて親権者の変更が認められます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 妻の写真を見て相談員は浮気を確信
    依頼内容「メールをしているのは明らかであるが、文面は削除されています」と夫。妻は週2回趣味でバレ…
  2. 離婚に際して財産を隠そうとしている場合の対処法
    すでに解約された銀行口座がある場合には、解約日前日の残高証明書を銀行からもらっておきましょう。そうす…
  3. 夫の父親が息子の嫁の浮気を疑い調査依頼。
    依頼内容妻が「週に一度でいいから、一人でドライブし、自分だけの時間をつくりたい」と夫に言っていた…
  4. f227984e45ac90d761b62f74d9134514_s
    依頼内容35歳の夫は交通事故に合い、結果4000万円の保険金が入りました。この夫に変化が表れたの…
  5. 学生時代の延長戦での結婚生活がもたらす夫婦間のズレ。
    依頼内容依頼者・夫50歳 調査対象者・妻48歳既に夫はカルチャーの講師を務める妻の浮気を確信…
  6. 養育費の変更はできるのか
    養育事情に変化があれば養育費の免除ないしその減額、増額を求めることができ、その変更を家庭裁判所に求め…
PAGE TOP