請求の方法

浮気相手への慰謝料請求に関する提訴先と内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦や親族間の問題ではありませんので、提訴する裁判所は家庭裁判所ではなく地方裁判所(請求額が90万円を超えるとき)や簡易裁判所(請求額が90万円以下のとき)です。
離婚調停や離婚訴訟の場で夫婦間の慰謝料の問題を解決するときに、不貞行為を働き離婚の原因を作った配偶者が、離婚の慰謝料に不貞行為の相手に対して請求されている慰謝料の分も上乗せして支払い、不貞行為の相手に対する訴訟は取り下げてもらうという方法で解決されている場合が多いといえます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 夫に性格や人間性を否定され自信を無くした妻。夫の浮気を疑い・・
    依頼内容依頼者・妻31歳 調査対象・夫25歳昨年2月に結婚。直後から夫のラインに不穏な内容の…
  2. 夫に性格や人間性を否定され自信を無くした妻。夫の浮気を疑い・・
    依頼内容夫が突然、妻に性格の不一致を言い出し、両親に妻のある事ない事、悪口を告げ始めました。妻は…
  3. 夫からの猛アプローチで結婚した夫婦。そんな夫が浮気!?真実が明らかになるのを恐れる妻。
    依頼内容高校時代から交際。夫からの猛アプローチもあって高校卒業後結婚にいたった二人でありながら、…
  4. 妻の写真を見て相談員は浮気を確信
    依頼内容「メールをしているのは明らかであるが、文面は削除されています」と夫。妻は週2回趣味でバレ…
  5. プライドが高く完璧主義な夫に翻弄された妻。夫の浮気を疑いはじめるが・・
    依頼内容会社の経営者である夫は非常にプライドが高く完璧主義者で妻の行動や性格、あらゆる事に文句を…
  6. 養育費の支払いが滞った場合
    相手方に対し内容証明郵便で支払を促します。調停・審判離婚をした場合には、履行勧告・履行命令を…
PAGE TOP