養育費はいつからいつまでもらえるか

養育費はいつからいつまでもらえるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

養育費の調停、審判の申し立てをしたときからの養育費が認められる事例が多いようです。
養育費の支払いは、一般的には、子どもが社会人として自立するまでとされています。これは必ずしも未成年者を意味するものではありません。高校卒業まで、18歳になるまで、成年に達するまでなど判決は分かれています。具体的には親の資力、学歴といった家庭環境によって判断されています。
よく問題になるのが、大学進学の費用が養育費として請求できるか、ということです。裁判例は、大学教育をうけさせる資力がある父親への請求で争いになったケースで、その子どもに大学進学の能力がある限り、大学教育を受けさせるのが普通家庭における世間一般の通例であるとして養育費を認めています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 親権者変更の届け
    親権者の変更が認められたら、審判の確定または調停の成立の日から10日以内に、審判書または調停調書の謄…
  2. 51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s
    依頼内容依頼者である39歳の夫は35歳の妻と子供と勤務先寮に暮らしています。ある時この寮内に妻が…
  3. 13dc9b334b56516de663d64d8d6e486a_s
    依頼内容相談者は27歳の妻。彼女が学生時代にバイト先で知り合い、いわゆる「できちゃった婚」で大学…
  4. 不貞が原因の時は証拠が必要(不貞を証明するにはどうしたらよいか)
    浮気が原因で裁判離婚したい時は、証拠をとっておくことが必要です。不貞の事実があることを証明しなければ…
  5. 損害賠償請求の時効の消滅
    離婚した後も時効にかからなければ請求できます。…
  6. 一方が力ずくで子どもを引き取ってしまった場合
    夫婦の離婚問題がこじれて長期間の別居状態が続いたり、親権者にも監護者にもなれなかった親が力ずくで子ど…
PAGE TOP