養育費を算定する方法

養育費を算定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭裁判所の審判や地方裁判所の判決で採用されている養育費の算定基準がいくつかありますが、いずれも決定的なものではありません。
実際は明確な算式があるわけではなく、父親または母親の資力によってケースバイケースで決められているのが現状です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 親権者を誰にするか
    未成年の子がいる場合には、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。離婚届に…
  2. 9bb49f2c539e066bd411c5bdce2a9756_s
    依頼内容ある日突然夫が家を出ると言い始めたのです。夫は妻と同じ58歳。妻の性格を否定し、さらには…
  3. 夫が浮気したので私も浮気した
    これはどちらの側からみても不貞行為があります。不貞を原因とする離婚の場合には、不貞をした側は有責…
  4. 愛人に慰謝料を請求できる場合とは?
    愛人の責任については意見もまちまちです。判例も固定されていないようです。確実に慰謝料を請求できる…
  5. 浮気相手に対する不倫の慰謝料相場について
    慰謝料の請求には不貞行為などの要因により婚姻生活が破綻(離婚)した場合と、離婚にならないまでも不貞行…
  6. 夜のアルバイトを始めた夫。女の勘が浮気を的中。
    依頼内容調査する夫は37歳で子供が一人。妻の勤務は変則で夜勤の日もあります。過去に夫は、妻の夜勤…
PAGE TOP